いきものデザイン アトリエ☆イボヤギ

アトリエ☆イボヤギは造形作家・木村大介が主宰する創作工房です。活動の主な形態は立体作品ですが、写真、絵画、版画、エッセイ等による表現活動も行っております。創作のコンセプトは”いきものデザイン”で、自然界のあらゆる動植物をそのモチーフとして、作品制作に取り組んでおります。生き物なら何でも好きですが、特にお気に入りなのは絶滅した古代生物で、生きている姿を観ることのできない、その姿形を眺めていると、太古のロマンと憧れを感じます。生き物以外では、惑星科学や歴史、航空機にも興味関心が高いです。