プロフィール

アトリエ☆イボヤギと主宰者・木村大介の略歴

 

1971年 埼玉県南部に生まれる
1990年 地元の普通科高校を卒業
1994年・春 「アトリエ☆イボヤギ」の前身を創設 版画、貼り絵、アクリル絵画、写真+コラム執筆等の表現活動を開始
1997年~2000年 写真撮影を主目的に、おもに熱帯の自然を求めて旅を重ねる
(この時期は写真表現が中心となる)
2000年 レリーフと立体制作を開始 以後、創作の中心に据える
2003年・秋 二人展として「第一回・イボヤギ展」を開催
2005年・春 初めての個展を開催
2006年~ 個展「イボヤギ展」を継続的に開催
2007年・春~ 豆千代モダンとのコラボ作品を手掛ける
2008年・夏 ~グループ展「第一回・むし展」を主催(以降、毎夏開催)
2008年・秋~ 陶芸による作品制作をはじめる
2009年・夏 グループ展「海のモノ展・in葛西臨海水族園」に参加

☆創作のコンセプトは自然界の美に学ぶこと。 興味の対象は原生生物から大型哺乳類に至るまで。 古代生物とカエルには特に惚れ込んでいる。また自称元・天文少年で、特に惑星科学に関心が高い。